山陰沖で獲れる夏の風物詩|新鮮なトビウオのすり身を使った「あご野焼」を紹介

こんにちは。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

五月も中旬に差しかかると昼間の時間が長くなり、いよいよ「夏」の到来を感じさせます。

さて、ここ山陰沖で獲れる夏の「旬」といえば「トビウオ」。獲れたての刺身や「つみれ汁」にしても美味しいのですが、今回は島根県の特産「あご野焼き」を紹介していきたいと思います。

「あご野焼き」はトビウオ(あご)のすり身を使っており、そのまま食べてもおいしい逸品なのですが、衣を付けてフライにしても、素揚げにしてもおいしいです。

私の家では「素揚げ」が人気のおかずです。どちらも手軽にできるので、ぜひ試してみてください!

「出雲神話本舗」では持田蒲鉾店様にてあご野焼を販売しております。

持田蒲鉾店の特設ページはこちら

 

 

保存

保存