今年も残すところ…

あちこちで『平成最後の~』を見かけます。

確かに来年の5月から新元号(新年号)に変わるということなので間違いではありませんが、

あまりにも多様に使われて「キャッチコピーとしてはどうかな?」と感じることがあります。

平成最後のクリスマス、平成最後の大晦日、平成最後のお正月…

取って付けたようなフレーズ、なんだか焦りを感じます。

新元号(新年号)に変わると新たに『○○最初の~』がキャッチコピーになるのでしょうか?

日本人のイメージする商業的な付加価値はムズカシイです。

 

島根・出雲の特産品なら出雲神話本舗より、年末年始休業のお知らせです。

【年末年始休業期間】
2018年12月26日(水)〜2019年1月6日(日)
※2019年1月7日(月)より通常営業
Amazon出雲神話本舗ストアでは休業期間中のご注文も受付けております。
《発送は1月7日以降となりますので、ご了承の程よろしくお願い致します。》

(まだ少し早いですが…)今年も1年間ありがとうございました。
また来年も出雲神話本舗を宜しくお願い致します。