島根県は、日本屈指の「パワースポット」の宝庫

様々な伝説、神話が残る島根県は、そのいわれからか、県内のいたるところに「パワースポット」と呼ばれるところが数多く存在します。
そんな中から、人気のパワースポットを一部ですが、ご紹介させていただきます。

島根県を訪れる際には、是非足を運んでみてください。

壮大なる神々のパワーを感じることができ、幸運なご利益をもたらしてくれるかも・・・・・・

島根県は、日本屈指の「パワースポット」の宝庫

出雲大社 (いずもたいしゃ)

いわずとしれた島根の代表パワースポット、出雲大社。正式には「いずもおおやしろ」と言うそうです。福の神・縁結びの神様で有名な「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」を主祭神ととし、毎年の神在月(かみありづき)には日本全国の八百万の神々が集まり、男女の縁だけでなく、その他の色々な『縁』を結ぶ会議を行うそうです。全国では神様が出雲に集まりいないので「神無月」、出雲地方では神様が集まるので「神在月」と言われ、その月にはご利益を求め、多くの観光客が訪れます。
壮大なる神殿と、自然豊かな空間がおりなす唯一無二の神秘的な空気が漂っており、まさに八百万の神々が集まる神聖なる「神域」といえます。

稲佐の浜 (いなさのはま)

出雲大社から徒歩数十分のところにある、日本の渚100選にも選ばれている「稲佐の浜」。国譲り神話の舞台となった場所です。
神有月にはこの浜から日本中の神様たちが出雲にお越しになられます。
夕暮れ時に太陽に照らされできる、弁天島(左写真の島)のシルエットがなんともいえない神秘的な空間をつくり出します。
波の音と光が共演してできる神々しい空間。神様の足音が聞こえてきそうです

須佐神社 (すさじんじゃ)

あのヤマタノオロチ退治で有名な須佐之男命(すさのおのみこと)を祀る須佐神社。須佐之男命が自らの御魂を鎮めたと記されています。ご利益は良縁・子孫繁栄・家内安全・諸障退散など。海から遠く離れた山の中にある神社ですが、塩井(しおのい)という井戸があり満潮の時は地面に潮の花をふくと言われるなどの、七不思議伝説をもつ神秘的な神社です。
御本殿の裏手には樹齢1200年と推定される大杉が神聖なる空気とともにそびえたっており、そのただならぬ迫力と雰囲気から日本一のパワースポットとして、近年テレビで紹介され注目を集めています。

八重垣神社 鏡の池占い (やえがきじんじゃ かがみのいけうらない)

出雲大社と並ぶ縁結びパワースポット「八重垣神社」。
スサノオノミコトが稲田姫と新居を構えたという神話が残っています。若い女性やカップルに人気の神社で、社殿の奥の森にひっそりと佇む「鏡の池」での「鏡の池占い」が有名です。硬貨をのせた社殿で購入した半紙を池に浮かべると紙にお告げが浮き上がり、沈むのが早いと「良縁」が近く、また池の奥へいき紙が遠のけば「遠方に良縁あり」と占うそうです。また、池に棲むイモリさん達が手伝ってくれると大変な吉縁も恵まれるという話も・・・・・

玉作湯神社 願い石 (たまつくりゆじんじゃ ねがいいし)

伝説と神話に包まれた出雲の国の名湯「玉造温泉」から徒歩5分のところにある玉作湯神社には「触れて祈れば願いを叶えてくれる」という「願い石」というものがあります
。この「願い石」に、社務所でいただける「叶い石」を触れさせて祈ると願いが叶うと言われ、昔から多くの信仰があり、今では数多くの人が訪れる人気のパワースポットになっています。
また、出雲の国の名湯「玉造温泉」の地域ですので、観光客の浴衣姿や川の流れの音が、風情ある風景を生み、心癒してくれます。

韓竃神社 (からかまじんじゃ)

最近メディア等で紹介され注目されているパワースポットです。大変古い神社で、ここには「岩船」伝説でも知られている、とても大きな岩があり、新羅から植林法や鉄器文化を伝えられるときに、素盞嗚命が乗られた船であるといわれています。
鳥居をくぐると急な石段が続き、登ること15分くらい。 そしてなんと幅が45cm位の岩の割れ目を通らなければなりません。お越しの際は、ズボン、スニーカーなどの動きやすい服装がオススメです。
参拝には他と比べて労を費やしますが、その分、ありがたいご利益を得られるといわれ、人気のパワースポットでもあります。