「岩海苔」と表記できるのは、岩礁に自生する天然海苔に限定され、表記が厳しく規制されています。

島根県出雲市十六島(うっぷるい)町は、古代より岩海苔の代表的な産地として知られ、奈良時代の「出雲国風土記」にその一説が記述されています。

生産地は、集落の一部の岩礁に限定され、採取時期が12月~2月と短く、高い希少価値があり、古来より献上品として重宝されています。
日本最古のブランド品として、他に類をみない、日本海の荒波が育んだ深い風味をご堪能くださいませ。

今シーズン採取した新物を販売しております。
適量を細かく千切り、喉につまらないようにご注意ください。
岩礁に自生している海苔をそのままパックしていますので、稀に小さな岩の欠片などが付着している場合がありますのでご了承くださいませ。

出雲國 十六島のり