あごの焼きのシーズンになりました。

今年もあごの焼きのシーズンがやってきました。

「あごの焼き」ですが、「あご」と「のやき」です。

 

「あご」とは飛魚のことで、「あごが落ちるほど美味い」ということで、

山陰地方~九州地方では「あご」と呼ばれているとかなんとか。

「のやき」とは、蒲鉾を作る製法で、すり身を棒に巻き付けて焼きます。

つまりは、飛魚のかまぼこです。

 

飛魚という魚はご存知かと思いますが、

 

293922_menuimage

そこまで身が大きい魚という印象はないのではないでしょうか?

実は、飛魚は名前の由来のとおり、水上を飛びます。

そのため、非常に筋肉質で身がしまっていて、脂肪がほとんどありません。

内臓が小さいこともあり、鮮度が落ちにくく、味は非常に淡泊です。

 

これから夏にかけて、飛魚は産卵のため山陰沖を北上していくため、

いつもより身がしまっており、食べごたえのある旬なシーズンを

迎えることになります。

 

ぜひ、山陰名産「あごの焼き」をご賞味ください。

  • 持田蒲鉾店

    その他

    【創業百年を越える老舗の蒲鉾店『もちだ』より】 山陰名産あご野焼(特大3本セット)

    ご存知山陰の名産品です。<br> 封を開けると香ばしい『あご』の香りが食欲を誘います。<br> 梅雨時期に日本海で水揚げされた飛魚(あご)は高タンパク、低脂肪でさっぱりとした魚です。<br> その魚をすり身にし、ふんだんに使って造るのが『あご野焼』です。<br> 竹輪の大型サイズで、粕取焼酎を使って焼き上げた『のやき』はとても香ばしく香りが良いかまぼこです。

    5,000